2匹のMシュナウザーとムスメ。好きなモノをツラツラと。
LOVE C&C - 犬、ムスメ、デジモノ etc
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
免疫介在性溶血性貧血 大晦日のウゴ
2010年 12月 31日 (金) 21:26 | 編集
こんばんは。本日のウゴの状況です。
*数日前に、愛犬のウゴが免疫介在性溶血性貧血という病気と診断され、
回復の気配がつかめないなか、何とか家族一丸で彼女の闘病を支えています。

この病気は、自己の赤血球に免疫反応が向けられて極端に体内の赤血球が減少し重度の貧血に陥ります。

1年後の生存率が50%と厳しく難しい病気です。ネットで検索するほど愕然としました。
今、その闘病にウゴが立ち向かっています。

12/31 AM(項目-標準値-ウゴの値の順です。)

WBC(白血球数) 60-120〔百/ul〕271
RBC(赤血球数) 550-850〔万/ul〕171
Hb(血色素量) 12.0-18.0〔g/dl) 4.3
Ht(ヘマトクリット値) 37.0-55.0〔%〕13.4
MCV (平均赤血球容量) 60.0-77.0〔fl〕78.4
MCH (平均赤血球色素量) 19.5-24.5〔Pg〕25.1
MCHC (平均赤血球色素濃度) 32.0-36.0〔g/dl〕32.1
PLT(血小板数) 12.0-53.0〔万/ul〕5.7

赤字部分が一番分かり易い基準値です。
ウゴの健康時の値は40%を超えていました。

今日、担当医に話して全ての記録の転記をしたい折をつたえ、28日からの血液検査(本日で計8回)
の記録を全てメモさせてもらいました。
(昨晩までそこまで余裕がありませんでした。)

今日の血液検査の結果(上記)が良くなく、昨日から約1%減少しており、2度目の輸血に至りました。

幸いにも今回の供血可能なワンチャンを確保する事が出来ました。

ドナー犬の黒ラブのTちゃん(♀3歳、25㌔)は、埼玉の友人の子で今回の件を話したら、直ぐに飛んで
きてくれました。(本当にありがとう。)

200ccのTちゃんの「命の血」を貰いました。

今、ウゴにゆっくりゆっくり時間をかけてTちゃんの「命の血」を輸血しています。今晩と明日にかけて。
どうかどうか、Tちゃんの血が上手く作用し、ウゴの容態が好転します様に・・・。

昨晩からブログを読んで頂いている皆様からの励ましのメッセージ、ご協力の申し出、転載など本当に
ありがたく思っております。

人の優しさのありがたさを肌身で感じ、本当に支えになっております。ありがとうございます。

明日の輸血後の結果次第では、再度ドナー犬を探さなくては行けません。
以下の条件に同意、ご協力頂ける方がいらっしゃいましたら、是非、コメントやメールでご連絡頂ければと思います。また転載の方も引き続き、ご協力頂けると助かります。

病名:免疫介在性溶血性貧血症
輸血希望犬種:Mシュナウザー ♀5歳

ドナー犬のご協力
大型犬のワンチャンで10㌔以上の成犬(~6歳)
血液採取前にクロスマッチテストで微量の血液採取、および輸血用での100-200ccの採血
(供血後、点滴で頂いた血液分の栄養補給をします。)
東京都墨田区エリアにワンチャンを一緒にお連れ頂ける方。
*時間はワンチャンの状況にもよりますが、1.5-2時間ぐらいだと思います。(過去2回がそれぐらいでした。)


※訂正:昨日、同じワンチャンから2回目の供血はできないと記載しましたが、これは私の勘違いでした。
本日担当医とも話しました。ただ、一度供血頂いたワンチャンは、その後3週間以上の期間を設けないと再度供血は出来ないそうです。

ugo's look 2

ウゴ、頑張れ。また遊んで、元気な笑顔を写真に撮らせて。

ウゴパパ
スポンサーサイト
ドナー犬
2010年 12月 31日 (金) 03:34 | 編集
皆さん。こんばんは。ウゴの現状です。

夕方(31日)の2回目の血液検査の結果と2回目の輸血の為のドナー犬確保の件、スケジュール確認、ウゴとの面会も兼ねて病院の方に行ってきました。
ウゴは意識はありますが、目で応えてくれるだけで、うつぶせたまま動けませんでした。

数値的には昨晩の輸血後から横ばいの状況から下降気味。明日の朝一で奇跡的な上昇が見られないようであれば、2回目の輸血に踏み切ります。(1回目が80cc/2回目を200ccを予定。→ほぼ確定です。)

明日病院側とも確認しますが、多分一度お願いしたドナー犬の血液は2回目は使用出来ない筈。
→可能ですが、3週間以上の期間を設ける必要があります。

先のブログでも書きましたが、もしドナー犬のご協力を頂ける方がいらっしゃいましたら、是非ご連絡下さい。
年末年始中に容態が急変したらと考えると・・・。(勿論回復を願っておりますが。)

病名:免疫介在性溶血性貧血症
輸血希望犬種:Mシュナウザー ♀5歳

ドナー犬のご協力
大型犬のワンチャンで10㌔以上の成犬(高齢犬除く)
血液採取前にクロスマッチテストで微量の血液採取、および輸血用での100-200ccの採血
東京都墨田区エリアにワンチャンを一緒にお連れ頂ける方。



コメント欄もしくはメールフォームにてご連絡頂ければ幸いです。また転載とも可能であれば、お願い致します。
勝手なお願いで恐縮ですが、ご協力頂けると本当に助かります。

すがる思いで綴っています。

ウゴパパ
免疫介在性溶血性貧血
2010年 12月 30日 (木) 11:54 | 編集
みなさん。こんにちは。
今、あまり冷静な気持ちでこの文章は書けていません。ただ、どうしても皆さんの
助けが必要で、万が一ご協力が出来る方がいらっしゃれば、ご連絡下さい。

数日前からウゴの体調が思わしくなく、病院に連れて行きました。診断の結果は、
「免疫介在性溶血性貧血症」
という病気の疑いが濃いです。薬の投与を行いましたが、効き目が薄く、昨晩輸血も行いました。
ご近所の大型犬の飼い主の方からご協力を頂き、何とか1回目の輸血は行えました。

今朝、ウゴの状況はそれでも回復しておらず、危険な状態が継続しております。
病院からは、継続したドナー協力を頂けるワンチャンを探して欲しいとのことです。

もし、こちらのブログをご覧の皆様で輸血のご協力を頂ける方は、コメント(非公開でも構いません)などで
ご連絡頂ければ幸いです。

地域は、東京都墨田区エリアになります。

輸血の希望犬種:ミニチュアシュナウザー ♀5歳
病名:免疫介在性溶血性貧血症

ご協力頂ける条件
大型犬のワンチャンで10㌔以上の成犬
血液採取前にクロスマッチテストで微量の血液採取、および輸血用での100-200ccの採血

藁をもすがる思いです。

宜しくお願い致します。

==============================================
追記
先程、埼玉に住んでいる友人から協力可能との連絡を受けました。レトリバー(ブラック)の3歳、25㌔というとても条件にマッチしたワンチャンです。ひとまず、こちらで対応したいと思います。
ご覧になった方には、ご心配をおかけしました。症状に進展がありましたら、ご報告致します。

ウゴパパ
キャラ弁か?
2010年 12月 08日 (水) 22:39 | 編集
キャラではないが、ママナイス。

lunch box_snowman

Flickrでいろいろ写真公開中(こちら

お弁当は勿論、雪山も恋しいムスメ
とランキングに参加中です。
良ければ応援ポチッと。↓


にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児育児へ
南瓜の行く末
2010年 12月 06日 (月) 21:32 | 編集
ハロウィンの南瓜達が、ベランダガーデンにやってきた。
その歯抜けな笑顔も心なしか寂しい。

Halloween pumpkin's future

気分はクリスマス一直線なムスメ
とランキングに参加中です。
良ければ応援ポチッと。↓


にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児育児へ
メガネ
2010年 12月 05日 (日) 23:47 | 編集
ママさんの伊達眼鏡。勿論、一瞬でずれ落ちる。

My girl wears black glasses

Flickrでいろいろ写真公開中(こちら

アラレちゃん程、強くないムスメ
とランキングに参加中です。
良ければ応援ポチッと。↓


にほんブログ村 子育てブログ 幼稚園児育児へ
copyright (C) LOVE C&C - 犬、ムスメ、デジモノ etc all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。