2匹のMシュナウザーとムスメ。好きなモノをツラツラと。
LOVE C&C - 犬、ムスメ、デジモノ etc
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
免疫介在性溶血性貧血 2月27日のウゴ
2011年 02月 28日 (月) 22:39 | 編集
明日、先日決断した、骨髄検査にいってきます。

日曜の検査は、Ht:36%、血小板:58万、体重:4.6㌔
最近のトレンドから特にはかわりなく。

がんばれ。
ugo on floor
日曜のウゴ。



にほんブログ村 犬ブログ ミニチュアシュナウザーへ
スポンサーサイト
Tokyo Marathon 2011
2011年 02月 27日 (日) 22:32 | 編集
浅草へ。
Asakusa's Kaminarimon_2


東京マラソン沿道の人として。凄い人。
It's crowded by tk marathon @ asakusa


ランナー応援にムックとガチャピンの後頭部。ガチャピンはこのあとヘリ中継。
tk marathon @ asakusa


少し離れると閑散とした道路。何か得した気分。
an empty tokyo road
Mispronounced
2011年 02月 24日 (木) 17:20 | 編集
先日の日曜日。

ムスメの幼稚園作品展。

Sign for Exhibition of Works 2011

小さく描かれたウゴとリボ
small ugo & vivo pic by daughter

先生には伝わらなかった、栄養剤のような濁点ネーム。
免疫介在性溶血性貧血 2月21日のウゴ
2011年 02月 23日 (水) 00:07 | 編集
こんばんは。
免疫介在性溶血性貧血(IMHA)の闘病中のウゴの状況です。

昨日は通院の日。

血液検査の結果。
ヘマトクリット値(Ht)(標準値37-55%):39.8% (+3.8%)
血小板(PLT)(標準値12-55万):58万

体重
4.4㌔ (-0.18㌔)

Ht値はまた少し上がりました。前にも書きましたが、やはり38%を中心に±2%
がココ最近のトレンド。

体重も同様に4,5㌔を中心に±0.15ぐらい。

安定?

というのかは、正直、薬を飲んでいる限り「ウゴ自身の力での安定」とは言えない。
けど、投薬生活は多分一生続く。たとえ断続的になったとしても。

長いスパンで見れば、多分続く。

再発性が高いのだから、今からその長いスパンでつきあっていく、もしくは闘っていく
覚悟の方が精神的にヘルシーかと思う。(私達家族にとって。)

そう考えると、ウゴの新たな「基準値=ベンチマーク」みたいのが欲しい。
それが今の数値なんだろうか・・・。

何かあった時の、迅速な判断をしてあげる為にも、それが欲しい。

最近のウゴは、ほぼ普通の生活に戻っています。
筋力的な回復は未だ時間がかかると思いますが、それ以外は、特段に変わった生活を
おくっている訳でもないです。

これはこれで、良しとするべきか。

今では、この服はダブダブです。
ugo @ park
前のウゴ写真より
免疫介在性溶血性貧血 2月14日のウゴ
2011年 02月 14日 (月) 23:12 | 編集
こんばんは。
免疫介在性溶血性貧血(IMHA)の闘病中のウゴの状況です。

本日は通院の日。

血液検査の結果。
ヘマトクリット値(Ht)(標準値37-55%):36% (-4%)
血小板(PLT)(標準値12-55万):機械故障のため計測不可。

体重
4.58㌔ (+0.16㌔)

先生曰く、ウゴの正常値が38%前後かもしれないとのこと。
なので、この周りを行ったり来たり。

ん~。半分納得半分疑問。

上下でやっぱり4%近くの変動。それって具合的にどうなんだろう。


ウゴの口から「辛いよ。」なのか、「だいぶ楽だよ。」なのか。

直接聞けないのがもどかしい。

免疫介在性溶血性貧血 2月6日のウゴ
2011年 02月 07日 (月) 01:37 | 編集
こんばんは。
免疫介在性溶血性貧血(IMHA)の闘病中のウゴの状況です。

本日は通院の日。

血液検査の結果。
ヘマトクリット値(Ht)(標準値37-55%):40.1% (+1.7%)
血小板(PLT)(標準値12-55万):60万

体重
4.42㌔ (+0.08㌔)

Htが若干あがり40%台に戻りました。3日前からステロイドを1/2にしたので、ちょっと安心しました。
体重もほんの少しですが、増えました。ここは徐々に。

また、今日は直前の尿を病院に持ち込み、尿検査も行いました。

微量の血が混じっている事、白血球が多く見られる事で、まだ感染症膀胱炎は完治出来ていません。
ただ、回復しているようだとの事。良かった。ここは未だ継続しての様子見。

最後に「骨髄検査」は、家族会議の結果お願いしました。
リスク(全身麻酔)も考慮し、迷いましたが、不安定なHtも含め、今のうちに原因を「明確」にしておき、
最も効果のある治療をしてあげたいので。


日程は未定ですが、実施に向けて病院側も動いてくれるようです。

bake cookies by my girl
先日ムスメとママさんがクッキーを作ってくれました。ごちそうさん!

免疫介在性溶血性貧血 2月3日のウゴ
2011年 02月 03日 (木) 22:37 | 編集
こんばんは。
免疫介在性溶血性貧血(IMHA)の闘病中のウゴの状況です。

本日は通院の日。

血液検査の結果。
ヘマトクリット値(Ht)(標準値37-55%):38.4% (-3.6%)
血小板(PLT)(標準値12-55万):70万

体重
4.38㌔ (-0.14㌔)

ん~。また下がりました。前回は跳ね上がっただけに、先生から指摘を受ける「不安定」さが露呈した形になりました。

本日からステロイドは逆に1/2にすることに。
上述した様に「不安定」なので上がるのが、下がるのかを見る為に、次の通院は従来の「4日空け」から「2日空け」で通院が条件。

また、この不安定な状況の原因を突き止めるのに、大学病院で「骨髄検査」を勧められました。
家族会議中です。

我々から見れば、ウゴは至って元気そうに見えます。
でも、本当の彼女を私達を理解する為に、決断をしなくてはいけません。

悩み中・・・。

no more knit cap
前のウゴ写真より(雪山準備は当分無理か。)

copyright (C) LOVE C&C - 犬、ムスメ、デジモノ etc all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。