2匹のMシュナウザーとムスメ。好きなモノをツラツラと。
LOVE C&C - 犬、ムスメ、デジモノ etc
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
免疫介在性溶血性貧血 1月30日のウゴ
2011年 01月 30日 (日) 21:58 | 編集
こんばんは。
免疫介在性溶血性貧血(IMHA)の闘病中のウゴの状況です。

本日は通院の日。

血液検査の結果。
ヘマトクリット値(Ht)(標準値37-55%):42.0% (+約10%)
血小板(PLT)(標準値12-55万):71万

何と10%近くアップ!?
血小板の数値は相変わらず高め。

本日応対してくれていた先生と疑問点も含めて話してましたが、途中から聞こえていたのか?それとも気にして頂いていたのか、いつもの担当医の先生とはなせました。

*ウゴの病院は行く日によって、先生達が夜勤明けやお休みなので、診て頂ける先生がたまに違います。
基本は、担当の先生が付いてくれます。


我が家では凄く信頼している先生なので、良かったです。
何といっても言っている事がクリアで、ロジカルに説明してくれるし、我が家はこの先生の言葉で日々の不安な部分も少しは救われてたと思っています。

先生曰く、多分輸血した血液内の赤血球は一通り無くなって、現在ウゴの赤血球での数値であるとのこと。
ただ、ここ何日かのあがったり、さがったりする不安定な傾向は逆に薬の投与にたいする計画性を失うので慎重にならざるを得ない事。

よって投与しているステロイドの量も現状維持のまま。
本日位の数値がキープ出来る様になれば、少しずつ減らす方向との事。

一歩下がって、また一歩進んだ感じ。

また、血小板は先天的に高い子などがいるので今の数値はそれほど危険なものではないとのこと。
勿論、上がりすぎると血液凝固にもなるので注視はするとのこと。

逆に、やはり肝臓の数値が良くないとの事なので、本日追加で肝臓の薬が更に1種類増えました。

体重
4.52㌔。少しだけ増えましたが、やはり未だ足腰はガリガリです。まぁここはゆっくり回復させます。
食欲もあり、嘔吐は20日間ありません。


昨日の事ですが、ウゴの足腰の筋肉が落ちた事もあり、我が家のフローリングの上に一気にタイルカーペットを引きました。

もともと、フローリング自体が良くない事は知っていましたが、ワックスなど試しましたがあまり効果を感じられなかったので、これを機に思い切ってやってみる事に。

流石に、全く滑りません。アグレッシブ殿下がさらに飛び跳ねていること以外は、概ね良好です。

look up
前のウゴ写真より
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
同じ病気で輸血が必要です
熊本市で3月20日に供血に協力してくれる伝手を探しています。協力してくれる人を探す術を教えて下さい。
2011/ 03/ 20 (日) 10: 10: 38 | URL | 三宅富美子 # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) LOVE C&C - 犬、ムスメ、デジモノ etc all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。